++超気まぐれ毒吐きニッキ++ ラルク好きでLIVE前後だと人が変わるらしい微妙にネガティブ人間つかさの日常記録。 最近 東方神起にハマってます 
プロフィール
 

セイアツカサ

Author:セイアツカサ




お友達大募集中。コメント大歓迎デス。

⇒ about
⇒ ライブ参戦歴

++ ツカサへ一言メェル ++

■◇ 空色侵食 ◇■
→趣味的小説サイト。Lやアニメ・オリジナルなど。
☆ 夜明け前 黄昏時 ★
→ブクログ。最近買った本・CD。おすすめなど。



 
FC2カウンター
 
 
最近のコメント
 
 
最近の記事
 
 
最近のトラックバック
 
 
カテゴリー
 
 
リンク
 
このブログをリンクに追加する 
月別アーカイブ
 
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 

この人とブロともになる

 
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
 
 
2008/07/25 02:32    グッズの行方
仙台まで気付けばあと一週間とちょっと。早いですねぇ!
まだ全然準備してないや。何着ていこう…。グッズTシャツが使い勝手よさそうだったら、買って向こうで着替えようかな、などと思案中。
でも、FAITHグッズのスケスケタンクトップを結局あの時しか着てなくてなんだか無駄に終わってる感があるので、せっかくだから着ようかな~とも思ってみたり。
皆様、グッズTシャツってツアー終わったらどうされてるんですかね?
私はパジャマと化してますわ…(笑)

さて、今日は諸事情により私のリクエストでのお寿司を某課長に御馳走になってきました。
おいしかった~(´∀`)
私ひとりでは心もとないのでユキエさんも一緒だったのですが、しかし、私としては予想外のほとんど接点のない営業課長もご一緒でらして、なぜか人見知りパワーが炸裂して…素直に手放しで「おいしい」と言えなかったり、最後にお礼を言うタイミングを逃したりと、かなり私最悪のつまらない女と化してしまっていて、ちょい凹んでたりして。実は。

あぁ~、ホント、つくづく自分の内向的すぎる性格が嫌になりますね。
どうしたもんかいな?

ちなみに、ライブ会場とかでも容易に他人に話しかけられない、かなりヘタレ人種です、私。

あぁ~、とは言いつつ、仙台でお会いできそうな皆様、よろしくお願いします(ペコリ~)
スポンサーサイト
2008/07/18 22:57    MONORAL TANABATA FESTIVAL 2008
はい、前述したとおり、大分遅くなりましたが七夕ライブの超簡単ライブメモです。
年末ライブから半年振りのMONORALライブ(年末は対バンイベントだったけど)。
beltに行ったりしてたので、anisのあの髪形にはようやく慣れてきたけど、半年振りなaliは相変わらず笑顔がキュートでした☆

今回はアキラくん側の後方で見てましたー。
センターフロアより段差がある位置で見てたので、後ろでもステージ全体が見えます。

いや、しかし…私の前の方が私と同じ位の身長なので、アキラッスだけその子にかぶって見えない(爆)
anisは黒いシャツ(長袖!)に白っぽいパンツだったんだけど…なんかいつも一人だけ暑そうな格好しているなぁ~とか思ってしまった。
ちなみにアリとアキラは半袖ポロシャツでしたね。

5分ちょい遅れで、開演。
ステージの幕が左右に開くと、メンバー皆様すでに待機状態。
Like youからスタート!
あぁ~、この曲盛り上がるよね。今日は盛り上がり曲でせめるのかな?と思いつつまったり見てました。
ライブメモといいつつ、セトリとかMCの内容もあんまり覚えてないんですけど…、しょっぱなのMCからほんわかムードが漂ってましたね。
「モノラルだよ。今日は重大発表があるんだって」とアニスとアリのやりとりがあったり。
そう、そして、ammonaite再発記念?ということで、曲順どおりに全曲演奏してくださったり。
あとは、久しぶりに「Frozen Peak」が聴けて嬉しかった!この曲好きなのよ~。
アニス曰く「ミッキーアコギタイム」でwashがあったり。
そして重大発表ということで、新曲も披露してくださいました~。
タイトルは「カスパ」。アラビアンメタルらしいです(笑)
うん、確かに…イントロはそういわれるとそんな雰囲気も漂いますね。
激しめだけど、アラビアン(爆)なんか不思議な曲です。
そしてこの曲は7/31から、iTunesで配信されるらしいです。
おぉ~。

あと笑ったのは「やっぱり雨降ったね」ってアニス自ら言ってらしたこと(笑)
キミはどこまで雨男なんだ…!
お願いだから仙台まで雨よばないでね。ROSE NIGHT初日は仙台ですが、私もちゃっかり参戦します。

アンコール明けには、ドラムのdaigo氏がマイクを握り、「みんな楽しんでるかぁ~!」と煽りがあり。これがすごいのよ。テンション高すぎて(笑)
daigo「モノ~?」客「ラル~!!」
daigo「アンモ?」客「ナイト~!!」
という不思議なコール&レスポンスがなんか可笑しかった。
今までのMONORALにない、新しいキャラ出現だよ!とか一緒に行ったちょこちゃんと爆笑してました。
何でもMONORALサポート決まってから、マネージャーF氏に「どこらへんの曲を覚えればいいですか?」と聴いたら「全部」とか言われたそうな。全部って…!!
アリが「それひどいね~」と呟いたら、アニスが「ごめん、それ、ボクが言ったの」ですって。
なるべくたくさんレパートリーがあれば何かの時に対処できるでしょ?みたいな言い訳?をしてらした。こう…盛り上がった時に「あの曲やるか!」というとっさの時に対応できるでしょ、みたいなと。
daigoがセンターでマイクを握って客を盛り上げてる間、アニスはドラムのイスに座って。
ひととおり盛り上げが終わり、お客さんも異様なテンションになっている中、アニスにバトンタッチ。
アニスがマイクを受け取ったら「なんかウェッティだよ。これ汗?それとも汁?」と後ろを振り返りdaigoに笑いながら聞いたらdaigoは「汁」だって。「daigo汁」。なんかもーこの人面白すぎる。

アンコール2曲ぐらいしてから、アニスから「今日友達が見にきてるんだけどね」
(あーいつも外人さんのお友達がたくさんいらしてるよね、と内心思いながら、うん?と聞いていると)
「ギター弾かしてって言うから、ちょっと呼んでいいかな?」
(おろ、ギタリストなんだ?と思いつつ、まったく普通に何も警戒せずに聞く私)
「モノラル6人目のメンバー、ken!!」
は?
え?
ええぇぇぇーー!
言わずもがなの、キタムラケンさん登場です!!
はー、びっくり。本当にkenちゃんがきたよーーー!
もっさりした髪の毛を後ろでひとつにくくり、ランニングシャツ一枚ですよ(急遽出ることにしたから上着だけ脱ぎました、といった風貌)
kenちゃんにマイクがわたり、
「こんばんはー。元気ー?今日ライブ見に来たんだけど、なんかギターひきたくなって出さしてって言って。俺の友達”ア”のつく人おおいね。アニス・アリ・アイン」
「も、アニス、ばかだよ(なんかこの言い方が妙に愛らしい。かわいい)
 だって(出たいって)言ったの20分前だよ?なのに「いいよ」だって。
 で、ギターないじゃんってなって、とりに戻るのもあれだし…買ってくるのもねぇ。

 そこらへんの空いてるギター借りました」
とのこと。
そして、まぁそうなるとこの曲ぐらいしかないよね、な「helter skelter」。
間奏部分とか、前に出てきて気持ちよさそう~に大音量でラルクギターソロばりにうねらせてます。
ラルクファンとして見ると「ひょー、kenちゃんすげー」とか思うけど、MONORALファンとして見ると
「アキラッスの見せ場が…。大先輩に奪われた…」的な図に見えてしまうかも;;
まぁ、そこはやはりわきまえてらっしゃるのか、1曲だけやって退場。
一緒にMONORALメンズも退場されてしまい、「えーこんなんで終わりはやだなぁ…」というムードが一瞬漂い…。
アンコールな拍手の中、割とすぐにアニス以外のメンバーが登場。
アリMCにより「今日は来てくれてホントありがとね。アニス帰っちゃったけど(冗談)もう1曲やります」
で、TurbulenceからSession9へ。
おぉ~最後はまったり系ですね。
私、この2曲の流れがとっても好きなので、MONORAL色に戻れてよかった(笑)
最終的には和やかムードで終わり、aliとdaigoは早々に舞台袖にはけてしまい…anisは最後の挨拶?をしつつ振り返ると2人が早々にいないことに一瞬寂しんぼな瞳になりながら、戻ってこ~いと手で合図しながら「冷たいなー。皆で一緒に挨拶しよ」とアキラッスを抱きしめながら、しばし待つ…。
2人が戻ってくるとanisが、ほら、と手を差し出して。4人で手繋ぎおじぎー!
あれ、私こんな光景はじめて見たんすけど。どうしたんすか、anisさん(爆)
いやいや、まぁ、結局最後までカワユイanisちゃんでしたー。



ようやく某資格試験が終わってほっと一息ついてます。
しかし試験中は鼻水出るわ咳出るわで大変でした…。最近は普段そんなにひどくなかったのに、どうしてそういう時に限ってこんな症状がひどくなるんでしょう…。
まぁ、ようやく面倒事が終わりおおっぴらに遊べるので、ライブに向けて気合入れて治します!(笑)

実は7/7はMONORAL七夕LIVEとか行ってきたんですが、ライブメモはまた後ほど。
とりあえず特筆すべきは、アンコールでkenちゃんが飛び入り参加したっちゅーことですかね!!!
いやはや、ken様また一段と痩せてほっそりしてらしてびっくり。
そして楽しそう~に、時にはボーカルよりも音量でかくギターをギュイギュイかきならしてらっしゃいました。
そこらへんも含めて詳しくはライブメモに後ほど記しときます~。
あ、ちなみに演奏曲は「helter skelter」です。ビートルズの。
MONORALライブではおなじみの曲ですね。そういや私、この原曲知らない…MONORALバージョンしか(爆)

そうそう、LOVE ADDICTとライブトークと音人のことをちょろっと書こうかと思ったんよ。。

VAMPS初シングル曲はしっかりフラゲしとりました。
マダムバタフライと点滴兄さんには「うひょー」と思いつつ、早速曲を聴く。
LOVE ADDICT(なんか略してラブ中って言うらしいですね。一歩も二歩も情報遅れてます;;)は、まぁ、PVはってたりしてたんで、もはや耳に馴染みの曲。
疾走感のある感じでよいですね。うん、ライブで盛り上がると思うよ。
HYDE、って感じの曲。
一方、カップリングですよ。
これ、私好きだわー。なんか切ないけど愛しい、みたいな。
各所で「なんでこれラルクじゃダメなの?」ということを目にするんですが…。
私は、逆に、キャーズさんのアレンジでこうなっていったのかな~と、ちょっと思いますた。
ギターのメロディとかは確実にKAZだろう…と。HYDEではないなと。
聞いてて、「あぁ、KAZさんはこういうタイプの音楽が好きなんだ」と不思議とそんな気持ちになりましたよ。
突貫工事とはおっしゃってましたが、ものすごく凝縮されてるんでしょうね。VAMPSな要素が。

はい、そして次。
ライブトーク、初めて見ましたー(爆)
や、だって、いつもそんな時間に家にいないから。
この日はたまたまメーカーのセミナーに参加してそのまま帰宅してよいと上司から言われたので、
6時前には帰宅。普段なら絶対にありえん!!!(定時に帰っても通勤1時間半かかるので、どんなに早くても7時前が限度)
で、そのまままったりご飯食べたりして過ごし、前日にiTune → iPodの落とし込みが上手くいかなかったのがあったので、その続きをやろうと珍しくPCを開き作業を終わってから、ようやくライブトークの存在に気づいたーー!!
まだ始まってから5分くらいだったので、よかったー。
ハイタンはなんかゆるやかウェービーなおぐしがとってもキュート。おんにゃのこみたい。
おふたりともほんわかした和やかムードでいいですね。
「好きなアイスは?」の質問にすんなり答えるお2人。面白い。
そういえば、ガリガリ君好きって去年ぐらいもどこかで言ってませんでした?
あずきバー…渋いですね、キャズさん。女性で好きっていう人はわかるけど、男性(しかも大人)で好きって言う人はじめて聞いたじょ。
「HYDEはステージに立つと人が変わる」ということをKAZさんが言った時にポソリとそっぽ向いたまま「あんたもね」と言ったハイタンが、なんか、イイなぁ。好き。
照れ隠しみたいな態度が。シャイなあんちくしょう、ってカンジで。
もはやKAZさん大好きなのがバレてるから、余計にそう言われたり、わかってるよ~な態度を第3者がすると逆に全肯定しにくい、みたいな。
まぁまぁ、プロポーズして受けていただいて、晴れてご結婚おめでとうございます、と祝福したいね(爆)
もちろんダーリンKAZ、ハニーHYDEな位置関係よね。フフフ。
爪のスマイルくんを激写された時とか、かなり気持ちがオープンになってたんでしょうね。
素でヤラレタ!という表情を拝めて嬉しいです。
爪も可愛いけど、アナタの表情言動すべてが可愛いすぎてどうしてくれようか?
今回はKAZの肉声でHYDEを褒めてるとゆーか、KAZさんもHYDEのこと大好きな様子を聞けたのが貴重でしたねー。
また、KAZも喋り方可愛いんだよね。
いや~、ホント、二人の空気感は和むわ~。
それでいてステージではあのパフォーマンスだもんね。そのギャップがたまらん。

「音楽と人」も実はちゃっかりタワレコ限定版をフラゲしに行ってきました~。
いや~、この、限定版表紙シート、おいしいですね。
ちゃんと裏にも更に違うバージョンが印刷されてて。
私、この裏面の横長バージョンのが一番好きかな。
内容は…まず、お二方ともタトゥーメインのお写真があったのにはビックリ!
いや、まさかこんな思いっきりさらけ出してくださるとは。あっぱれです。
で、パーソナルインタが、もう…ね。
出会うべくして出会った二人ですね。
ハイタンの「KAZの匂いに惹かれた」っていう表現、すごい好きです。
うん、なんかわかるな、その感じ。
好みだけ一緒でもダメなんだよね。空気感が同じでないと。
水を得た魚みたいな、相乗効果があるからより素敵ですね。
KAZさんの、「運命」って言葉にはグッときました。
もう、なんか…自分とは全く関係ない次元の話なのに、二人が出会えた奇跡に感謝、とかキモいこと考えちゃいます(笑)
2008/07/01 15:18    時期はずれ?のL7メモとか
あぁぁ…今日は早くもLOVE ADDICTのフラゲ日。
まったくもって怒涛のVAMPS攻勢についていけてません。
ラジオは無理だし…。(コンポは壊れて、唯一聞けるラジオは録画機能なし。リアルタイムでは無理です~)
CS系のTV出演も…。とりあえずM-ONのArtist Fileは予約したけれど、それのみですね。
危険度高い写真集も限定版で買ったけど…熱でフラフラの状態で見てたんでまだよく把握しきれてない(爆)
えっと、とりあえず、黒くてでかい箱の置き場に困ってますw

はい、そして、例年の如く…ヘタレつかさは季節の変り目にあって風邪ひきました(どーん)

ようやく熱が下がって風邪の後期症状へと移行しております。

今回のL7は、メモをちまちま作成してたんですが、アップする時期を逃しました;;

明日からはV色一色になると思うので、せっかくなので今あげときましょうか(今更ですが)。
東京の簡単メモはのせてあるんで、残り大阪の分を。

大阪ではちょぼさんに大変お世話になりました~。
自分で作るたこ焼き屋さんに連れてってもらったり、カラオケでMy Dearハモっていただいたり。
隣で上手い方にハモられると、つられそうで大変だったけど、ちょぼさんてば声量あるし上手いしで、見事にkenちゃんパートを歌いきってくださって、綺麗なハモリですんごい気持ちよかった(´∀`)
ありがとございましたー。また是非ラルカラしましょー。

では、いざ、超簡潔メモ。



*大阪1日目
東京ドームから比べると一回り以上小さいんですね。スタンド席なのにステージが近く感じるなんて!
席はスタンド1階kenちゃん寄り。おぉぉ、大阪ドームはやっぱりネットがないよ!視界がクリア!!
TIME SLIPで予想外のLフォーメーション!
私は見えなかったんだけど、どうやらハイタンがリーダーにアイコンタクトでおねだりしたようですね(ちょぼさん談)kenちゃんも途中で気づいて走りより、長い足をかしずいて一瞬窮屈そうな体勢ながら、斜めからアングルのカメラにはきちんと4人でフレームインしましたね!
ハイディさんのアップの顔を見ながら「東京に比べてメイク薄いよね…。(DVD撮影用の)カメラないから?」とか思うハイオタ(笑)
パンクではまぁまぁ近くで見れたけど、相変わらずハイドちゃんがこっち向いてくれるタイミングと合わなかった…。
kenちゃんMCは久々下ネタきましたね…!一回言って反応悪かったので、「下ネタでウケるという黄金率を崩されるとなんもできん」とか苦笑してらっしゃいました。「家でラルクを聞くことを○○○ーと言う」って…(笑)
残すところ、今日と明日だけ!と、がんばって踊る!そしてあんま跳んじゃいけないんだよね…という意識があるので、その分声だしに気合入れました!
普段あんまり名前を叫ぶってこと、ないんだけど。曲の合間(間奏とか)にこっち(kenちゃん寄り花道)にきてくださったら、名前を叫ぶ!
いや、しかし…私の後ろの方の席の方がユッキーファンらしく、ひたすらドスの聞いた声で「ユキヒロー」って叫んでらしたから、「ユッキー」と愛称?で読んだらいけないのかとちょっとビビリつつ叫んでみたり(笑)
しっかし…なぜか、私の周りにテツファンがいなかったらしく、「ハイドー」「ケンちゃーん」「ユキヒロー」という叫び声は聞こえるのに、誰一人として「テツー」「テっちゃーん」と叫ぶ人がいなかったのがちと笑った。リーダーごめん。でも好きだよ。
残念だったのは、スタンド席だからよりいっそう目に入るホシゾライト。開演前からみんな開けてるんだよね。まぁ、百歩譲ってホシゾライトを終始持っててもよしとしよう。でも、どの曲やっても
(レベレでもプリガでもget outでも)ひたすら手扇子…。ホシゾライト持って手扇子…。

正直、どうしてもアリーナ席の蠢いてるのとか目に入って気持ち悪かった。
あの同一の動き…。アリーナ席でだよ?どうして律儀に手扇子!!!最近のファンの方ばかりなのかしら…。(注:直接メンバーから禁止令が出たのは2000年のこと。私はREALIVEの赤坂BLITZで聞きました。まぁ、禁止とか拒否とかそういう類の言葉ではなかったけれど)もっと本能で踊ろうよ!
forbidden loverとかも演出をこわしてますね、ホシゾライト。本当に残念。それでも曲に入り込めるボーカル様はさすがです。


*大阪2日目。
あー、とうとう最終日…。会場入っても、なんかあんまり最終日って感じしないな…。

帰りの新幹線の時間が、規制退場にひっかかると間に合わないので、はじめから最後の幕間ドラマは見ないで出ることにしたので、その分ライブ本体は楽しみたいんだけど、どうかな。
席は1階スタンドtetsu寄り端っこ目の13列。まぁ、昨日よりは見やすい。
1曲目はじまって、隣の客に恵まれていないことに気づく。というのも、思いっきりホシゾライトを手扇子で振りかざし、ちょうど私の視界のど真ん中にくるんだけど!!そのせいでスクリーン見えないし。まぶしいし。本当に力いっぱい手扇子してるから、振りかざして帰ってきたその手に持っているホシゾライトと私の眉間の差、わずか1センチあるかないか。今にも目にあたりそうでこわい。
(開演前の会話の様子からすると、多分シドファン。咲くように手扇子するから本当に迷惑)
もう、今日はこれで陶酔できないなと判断し、無理矢理気合で乗り切ることにする。
レベレ終わって、ノりつつ凹んでたところに、メインスクリーンに各メンバーのアップが映し出される!必死でベストポジションを探し、スクリーンを見つめていると、ユッキーの笑顔が!!!
きょえーーー!強烈すぎます。心鷲掴みです。ユユユユッキーーーー!うわぁーん。可愛すぎます。
ありがとう。ありがとう、ユッキー。やっぱライブは楽しまないとね。
最終日にして、ハイタンがken様の股くぐりきましたねー。ちょっと遠くてよく見えなかったけど。
パンクではそこそこ近くて、ハイタンもこっち見てくれてよかった。
でも近場で見ると、やっぱユッキーとかken様の男前度がしみじみと伝わってくるね。

ハイドは美人でテツはジャニーズだし、ようわからんな、このバンド(笑)
とにかくメンバー全員がことごとくカッコイイし可愛いのよ。
とにかくこの日はforbidden loverが凄かった。素晴らしかった。
ハイドさん、とっても情感たっぷりに浸ってらして。ヤバイ。こっちまで泣きそう。
この曲の演出が私はとても好き。ステージ全体に暗めで、後ろの身の丈ぐらいのスクリーンでは壁?が崩れ落ちる映像…やがて炎の色にかわり、炎に包まれているようで。
スタンドマイクで、両手がフリーになっているからこそ、顔を覆うような仕草だったり、両手を広げるような仕草だったり。そして下から風に吹かれて髪の毛がなびくなか、力をこめて歌うお姿は圧巻。
サビではファルセットにはならず地声?でやや声を嗄らしつつ叫ぶように切なく歌い上げて。
最後の「ラ~ァ~ァ~ァ~ヴァ~」ってところが声も仕草も表情もゾクっときますね。

京セラ大阪ドームはジャンピング禁止なんですが(会場周辺でもビラ配られてたり)、まず、プリガかカレスあたりで一言「とべ!」とおっしゃったhydeさん。(実は土曜もうっかり言ってしまい、その後はフォローのように「踊れ踊れ~」って言ってた)後半、レディステだかLinkあたりで、もういいやと思ったのか…「とべとべとべ~」って煽ってらしたw
「一緒に歌ってくれる?」でマイドリへ。この言い方が終始可愛かった。客も一緒になっての大合唱のところでは、ハイタンは気持ちよさそうに聞き入ってましたね。小さく指揮してるんですけど…それをはじめて(東京2日目かな?)見た時は、もう、なんか懐かしさがこみ上げてきたよ…!heavenlyの再来ですね。あの時から、ひとまわりもふたまわりも大きくなったラルクアンシエル。
途中危機感を抱く時期もあったけれど、信じて待って、そして今こうしてここに居られる奇跡。
当然3年後もラルクのことを愛してやまない自分がそこにはいるでしょう。
そして、ハイタンの言葉を借りると、きっと私はその時も「何にも変わらない」いちファンとして存在すると思います。





追記からは拍手お返事☆