++超気まぐれ毒吐きニッキ++ ラルク好きでLIVE前後だと人が変わるらしい微妙にネガティブ人間つかさの日常記録。 最近 東方神起にハマってます 
プロフィール
 

セイアツカサ

Author:セイアツカサ




お友達大募集中。コメント大歓迎デス。

⇒ about
⇒ ライブ参戦歴

++ ツカサへ一言メェル ++

■◇ 空色侵食 ◇■
→趣味的小説サイト。Lやアニメ・オリジナルなど。
☆ 夜明け前 黄昏時 ★
→ブクログ。最近買った本・CD。おすすめなど。



 
FC2カウンター
 
 
最近のコメント
 
 
最近の記事
 
 
最近のトラックバック
 
 
カテゴリー
 
 
リンク
 
このブログをリンクに追加する 
月別アーカイブ
 
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 

この人とブロともになる

 
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
 
 
2007/10/01 18:25    寒い日は家でTVを見るに限る
この土日はTV三昧でしたん。

まずはガンダム特番ね。
内容はまた後で触れるとして、なんなの、あの番組構成。
正直、はじめっからヒくわぁ~。
ラルヲタとして見てももちろんなんだけど、ガンダムヲタクから見てもちょっと雑すぎるよ。
ガンダムをあの扱いしていいのか、はたして。

でもあの料理は手がこんでましたね~。
ちょっと食べてみたいかも。
しかし…食べる方は一瞬だけど、作る方は相当手間がかかったでしょうね…。
お疲れ様でございます。

内容は…歴代ガンダムについてものすごいはしょって説明してたけど、
あれは…初心者には中途半端な知識になるし、Gヲタにはいらん内容だよね。
OOの内容もなんだか本当に単なる番宣止まりで、もう少し突っ込んだ内容にしてほしかったというのが正直な感想。
まぁ、とりあえず1回目は見るけれども。
でもあの番組を見たからという理由では全然なく、ただ単にOPをチェックするのと声優陣にひかれてという単純明快な理由ですよ。

ラルクコメントは、全然期待してなかったら、本当に一言だけでしたね。
でも予想外にPVまで流していただいて、ラルヲタとしては満足です。
あのぅ、決められたセリフを一生懸命喋るハイディさんと、珍しく隣に座るニヤニヤしているリーダーが対照的に可愛ゆかったっすね。
そんなにニヤけるほど嬉しいんなら、リーダーご本人がMCすればいいのに。
むしろ後ろのお2人の所在なさげなお姿がいたたまれない。
ごめん、ごめんよ。kenちゃん、ユッキー!
これも新曲プロモーションだから我慢してくれ…。
とか思う、最近kenファンなツカサであります。



それから、日曜はF1ね。
もう~、今回すごかったね。
いきなりSCからはじまって10周過ぎてもSC先導のままで、どうなっちゃうんだろうと思ったけど…、あまりにもそんな状態のまま30分が過ぎ思わず眠くなっていたら、「あっ!ランプが消えた!」というアナウンサーの声が飛び込んできて、ハッとしました(笑)
私は特にドライバーには詳しくないので、相変わらず佐藤琢磨を応援。
とにかく無事に完走してほしい、と。
別にこれは彼に限ったことではないけれど、今は着実に完走して欲しいと思ったの。

序盤ではいきなりフェラーリチームのタイヤ交換があったりして、なんたるミス!と愕然と見つめてました。
後でネットで見たら、FIAから「強い雨用タイヤをはくように」という指示メールが、フェラーリチームには遅れて届いたとかなんとか。
あれは…ちょっと微妙に物議を醸しそうですね;;
今回は天候の影響もあり、ピットストップも重要な戦略のひとつ。
久々に見所満載な感じでしたね~。

トップ争いは、私ははっきりいってハミルトン派です。
なんでか自分でもよくわからないんだけど。
ハミルトンに関しては、P.Pだったので他者に比べて視界は良好なはずだし、落ち着いて走ってくれれば順当に進むものと、割と安心して見ていられました。
でもライバル・アロンソは…はっきりいって、始めかららしくない走りでしたね。
焦りもあるのかもしれないけれど、いちいち小さい粗が見えて。
その結果自らのミスによりリタイアとなってしまったわけですが。

途中ありえない場所でのライコネンのオーバーテイクは素晴らしかった。
一瞬の出来事で見逃すところでしたよ。

最後の最後で、マッサとクビサの一騎打ちはすごかったね。
抜いて抜き返して、また抜いて…とギリギリまで競っていて、なんて貪欲なんだ!いや、むしろそれだからこそ彼らはこの位置にいるのか!と感心しまくり。
琢磨は最後のピットインの時に給油の時にオイルが漏れたのか、火がすごい勢いであがって「大丈夫か?」と思ったんだけれど、特に影響はなかったらしく、無事完走できたようでよかったよかった。

何はともあれ、久々にまともに見たF1は見ごたえたっぷりで目が離せませんでした。
残り2回、きっちり見たいと思います。


スポンサーサイト
F1ではF.マッサをメインに応援しているゆえです。
アロンソはらしくなさに加えて、ぎりぎりまで攻めていた感はありましたね。
ただ、ライコネンと違ってあの日のアロンソには大胆さがかけていたような気がします。大胆なんだけれども、ちょっとそれが中途半端で。集中力が切れていたのかなぁとも。

マッサとクビサの一騎打ちはBMWのマシン好きの私としては複雑だったんですけれども、「いっけー、マッサ!」という状態だったので、結局私は根っからのマッサファンらしいことが判明(笑)
最後の最後に最高のレースを見ることが出来て大満足でしたよ!

今度熱く語ります。タイヤの件も含めて...ふふふ。
[2007/10/02 23:40] Tue URL [ Edit ]
もしかして…とは思ってたんですが、やはりゆえさんは現地観戦だったんですねー。
お話聞くの、楽しみにしております。

最後の一騎打ちの時にマッサを応援して叫ぶゆえさん…なんだか目に浮かぶわぁ~(笑)
[2007/10/03 23:36] Wed URL [ Edit ]
secret     
TrackBackURL
→http://bpdawn.blog43.fc2.com/tb.php/217-d35e490d